鏡を見る人

クリニック選びは大切です

美しい仕上がりを求める方におすすめなのが、美容外科クリニックのいぼ治療です。従来の手術と比べると術後の腫れや痛みを軽減することができ、安全性が高いのが特徴です。また、患部の周りの皮膚に負担をかけないので、傷跡が残りません。

カウンセリング

気付いたときにあるイボ

気になるいぼが顔や首等にあれば、できるだけ早期に手術しましょう。手術は美容外科でレーザー治療がおすすめです。期間は三か月から半年ぐらいかかりますが、綺麗になります。コンプレックスから解放されるでしょう。

疣贅治療法

美容整形

どんな治療法があるか

疣贅、いわゆるいぼは、ウイルス性のものがよく知られていますが、ウイルス性でないものも中にはあります。できてから数ヶ月のものは比較的治しやすく、長年経過してしまったものは、表皮から真皮へ、さらに皮下組織まで根を張ってしまったものもあります。こうなると、根こそぎとってしまうのはかなり時間がかかる上に、傷痕が残る場合もあります。いぼ治療法にはいくつかの種類がありますが、標準的治療法としては、気体化した液体窒素を患部へ注入する方法が有名です。これは、−196℃という冷却された窒素の液体を使います。液体窒素を使って患部を冷却し低温やけどを起こさせることで組織を壊死させるのです。また、この方法を使うと、皮膚細胞に刺激を与えることになり、免疫反応が出てくることになります。つまり、自己の免疫反応を通して疣贅が除去されていくのです。このようにして、新しい皮膚が再生されてくると、ウイルスが体外に排出されることになります。この方法が難しい場合には手術をする場合もありますが、疣贅治療では手術は最終手段となります。液体窒素によるいぼ治療法は、効果が科学的に実証されているため、保険が適用になります。もっとも、施術者にある程度の技術が要求されるため、美容外科クリニックを選択する場合には治療成績や治療歴を確かめておくことが大切です。上手な施術者にかかれば、余計な痛みを防止することができるだけでなく、治療後の経過もよくなります。また、保険が適用になるとはいえ、クリニックごとに費用が異なっています。1いぼ単位で費用がかかるのか、ある程度の範囲で一定料金が適用されるのかは、クリニックに相談するときにしっかりと聞き出しておきましょう。ウイルス性といえばなぜか重篤な病気に発展しそうな感じがしますが、一般の疣贅はそのまま放っておいても特に問題がありません。また、中には治療の難しい難治性のものもあります。後者の場合には、液体窒素による療法が難しい場合もあり、最終的には外科手術が必要になる場合もあります。ただし、外科手術は傷痕が残りやすく、痛みも数日間続くなど皮膚にはかなりの負担をかけることになります。

顔を触る人

痛みを感じないのが特徴

いぼは顔や首、胸などの皮膚が薄い部分に出来やすく、直径が5?以上の大きさの場合は、美容外科のクリニックで切除手術が受けられます。局部麻酔をしてくれるので、痛みを感じることはありません。切除をしてから丁寧に縫合してくれます。

カウンセリング

ヒト乳頭腫ウイルス

いぼの治療法にはさまざまな療法がありますが、標準治療は、冷凍治療です。手術が適応になるものは、いぼに限っては、比較的少ない。美容外科クリニックを選択する場合には、経験豊富なクリニックを選ぶことが大切。

ウーマン

病院に行く際に

いぼの手術をするために美容外科クリニックに行く際は、子供を連れていくことは避けましょう。また、ほかの利用者に配慮した格好をするといいです。美容外科クリニック選びは慎重に行いましょう。スタッフの数や実績に注目してみてください。