女性

ヒト乳頭腫ウイルス

カウンセリング

皮膚に感染するもの

ヒト乳頭腫ウイルスが皮膚に感染してできるものが、いぼです。人の皮膚にはさまざまな生体防御機能がついているために、一般に、正常な皮膚にはこのウイルスは感染しません。通常は、キズなどを通して感染することになるのです。いぼは、放っておいても健康上問題を起こすことはないのですが、見た目が悪いため、特に見えやすい部位にできた場合には、美容上除去したいものです。そこで、活用したいのが、美容外科クリニックです。美容外科クリニックにおけるいぼへの対処としては、通常、次のような選択肢となります。冷凍凝固法、内服薬、外用薬剤、手術、レーザー治療です。冷凍凝固法は、いぼに対する標準治療となります。もちろん保険適応です。液体窒素を使って冷凍凝固した後は、自分の免疫力によっていぼを排除することになります。冷凍凝固という標準治療は、簡単な反面、通常は痛みを伴います。また、この方法は、ときに色素沈着を起こすことがあるために、除去できても色素は皮膚に沈着したままになることがあるため、それを防止するためには、レーザー治療手術の方がよい場合があります。内服薬には、ヨクイニンを持ちます。ヨクイニンとはハトムギのエキスです。ヨクイニンのいぼに対する効果は実証されているために、この内服薬を使う場合には保険が適用となります。外用薬を使う場合には保険適用外となります。ただし、外用薬単独では効果が低いため、通常は、他の療法と併用する場合が多い。他方、メスを使った手術はいぼにはあまり使われません。というのも、いぼは、ウイルス性の病気であるために、手術では完全にウイルスが取り除けない場合が多いためです。したがって、手術が適当な場合は、比較的古いいぼで、冷凍治療では効果が低い場合などに使われています。もう一つが、レーザー治療です。これは炭酸ガスを使った治療法です。顔面や頸部にできた比較的小さいいぼに向いている療法です。レーザー治療は保険対象外なので、少々高額な療法にはなりますが、冷凍療法で残りやすい色素沈着を最小限に抑えることができる点では、美容向きの療法だといえます。大切なのは美容外科クリニックの選択の方です。経験豊富なクリニックを選ぶようにしましょう。